雑文アーカイブ

「若年失業・早期離転職・セーフティネット」/2000年度文学部就職情報(秋号)

文部省の学校基本調査によると、2000年3月に大学を卒業した者53万9千人のうち、進学も就職もしていない無業者が 12万1千人もいるらしい。実に20%を超える高率である。さらに「七五三離職」と呼ばれるように、中卒者の7割、高卒者の5割、大卒者の3割が在職3年 以内に辞めている現状がある。こうして数字で挙げてみると、いかに不況で若年層の雇用機会が奪われているとはいえ、凄まじい数の若者がフリーターや家事手 伝いという名のもとに街を漂っていることが分かる。たとえそうでなくても、離転職を繰り返していれば、よほどのステップアップが達成できていない限り不安 定な印象がつきまとう。

普段学生と接していて感じることと、日本労働研究機構によるフリーターに対するヒアリング調査の結果と は、「拘束を嫌う」という点で見事に一致している。フリーターになるのは「自由だから」「時間の融通がきくから」「休みが取りやすいから」であり、学生も 会社に縛られるのは嫌だと言う。そして双方とも何よりも「やりがい」のある仕事がしたいと言い、夢の追求には妥協がない。このような生活がなぜ成立するの か?なぜ「やっていける」のか?社会システムが、今なお非正規労働者に冷たく、雇用の流動化に対応できていない以上、一時的なモラトリアム、切り詰めた生 活、何らかのセーフティネット等が背景として考えられようか。明らかに「豊かさ」なしには生み出されない現象である。

大方のご父母の目には、大学まで出たのにふらふらして……というマイナスイメージで映ろうが、生活に追 われることのない豊かさが実現する夢も確かにあるし、そのような夢を追求できるのはやはり幸せである。私自身で言うならば、大学を出てから4年間、アルバ イトも碌にせず、実家にパラサイトして大学院生活を送った。親にそれを支えるだけの余力がなかったら、この道には進めなかっただろう。決して裕福な家庭で はなかったから、その分プレッシャーも大きかったが、経済的理由で十分な勉強時間を確保できなかったり、就職せざるを得なかったりした人たちの無念さと比 べれば取るに足りないことである。

もちろんネガティブな側面は多々ある。どう好意的に解釈しても見通しが甘過ぎたり、努力が不足していた り、そのまま怠惰な生活に陥ってしまう例もあろう。実のある就業経験がないまま、スキルを形成しないまま若い時代を終えてしまうと、やり直そうにもその事 実が労働市場では決定的なハンディキャップになりかねない。最後までセーフティネットに恵まれるごく少数の幸運な人たち以外は、恵まれた状態にある時こ そ、それに溺れることなく冷静に自分自身の実力と将来を展望して、設計図を描く必要があるように思う。

それにしても、ウチの子は仕事も長続きしないし、やりたいこともよく分からないし、結婚もしないし、い つまでも親のすねを齧って先が思いやられる……というお嘆きを結構頻繁に耳にしますが、相手は十分な教育を授けた立派な成人、どうして家から叩き出してし まわないのでしょう?いわゆるパラサイト・シングル論に話がおよぶと、多くの学生は平然と言い放つのです。それは親が望んでいるからだ、と。

このページの上へ戻る